ミニチュアハウス制作工程の続きです。

ミニチュアハウス制作ですが設計図はおろか簡単な図面も用意しません。送って頂いた写真を眺めながらカット用のラインをプラ板に直接描き込みます。かなりアバウトのように思われるかも知れませんがお客様から送って頂いた数枚の写真のみで制作するため建物の正確な寸法は分かりません。製図する事によってクオリティが上がれば良いのですが正確なサイズが分からない以上、キチンとした図面を起こす事が完成度を左右するように思わないからです。(ヌルい考えかな?)お客様には制作費を大幅に抑えられるというメリットもあります。
414-compressor

プラ板に直接カットラインを描きこみます。

完成したミニチュアハウスをご覧頂ければ決してヌルくないことはお分かり頂けると思いますが・・・

次回に続く・・・

 

 

ウェルカムドールや金婚式・銀婚式・還暦・転勤や退職記念の
プレゼントに最適です。 ミニチュアハウス制作も始めました。

3Dプリンターフィギュアでは出せない味がある・・・

サプライズプレゼントなら そっくり人形・しいな企画