糸鋸アート

糸鋸盤で制作した猫の作品です。ペットを糸のこアートで表現するにはチョットした課題があります。
人物の場合、陰影(白黒)で表現しても日本人でいえば髪は黒、黄色の肌、黒目と認識できているため
イメージが出来やすいのに対しペットの場合、様々な毛色が混じり合っている事も多く、
初めて作品を見る人は実際のペットの目が何色か・毛色が何かは窺い知ることはできない・・・のです(-_-)
ペットの作品の場合ご依頼主の殆どがご主人様である事からこの点は、納得の上でのご依頼であろうと思うが、まさに陰影のみで再現する限界といえます。

しかし1ビットという厳しいレギュレーションの中で如何に表現できるかが作家としての腕の見せ所であり視覚的に足りない部分は受け手(ギャラリー)の想像力にお任せするのが糸のこアート最大の魅力であり真骨頂なのだが正直ジレンマを感じなくもないです。

そこで出した一つの答えが組み木絵の作品。今後も自問自答しながら作品作りに取り組んで行きます。

 

 

ウェルカムドールや金婚式・銀婚式・還暦・転勤や退職記念のプレゼントに最適です。
3Dプリンターでは出せない味がある・・・
しいな企画 そっくり人形

ウェルカムボードや金婚式・銀婚式・還暦・退職記念のプレゼントにお店の看板にも是非
しいな企画 糸のこアート